読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことばアルバム

にわかエンジニアのにわか備忘録

Unityで書き出したアプリをiOSシミュレータで確認する

iOS向けのゲームを作って実機で確認する前にシミュレータで確認しようとすることは多々あると思います。
しかし、何も設定せずにやってみたら思いのほか上手く行かなかったのでメモ。

まず、うまくいかなかったポイント。
XCodeでプロジェクトを取り込んで再生するところで、デバイスの選択するところでiOSシミュレータが選択できなかった。
iOSシミュレータはXCodeに付属してるし、何も設定とかしなくても使えるだろうと思ってたけどそうではないようだ・・・


Unityでの設定

これを解決するために、XCodeではなくUnityで設定をいじる必要がある。

いじる箇所としてはUnityでiOSアプリとして書き出すときのPlayerSetting。
まずは下記の「 Edit > Project Setting > Player 」を選択。

f:id:is4cafe:20140303221757p:plain

これで右側のインスペクターのところに設定できる場所が出てきた。
次に、iPhoneのマークのところを選択して、一番下の 「Other Setting」を選択。

f:id:is4cafe:20140303221812p:plain

あとは、ここの結構下のほうにある「SDK Version」の項目を選択。 「Device SDK」と「Simulator SDK」が選択できるので、ここで「Simulator SDK」を選択。

f:id:is4cafe:20140303221819p:plain

 
ついでにcom.Company.ProductNameってなってるところも変更しないと動いてくれないので任意のものに変更

 

ここの設定によって、XCodeで実行する環境としてiOSシミュレータが選べるようになる。
めでたしめでたし。